Processing...

Terms & Conditions

Mtame Academy For BowNow利用規約

 

この規約(以下「本規約」といいます。)は、Mtame株式会社が提供するサービス「Mtame Academy For BowNow」の提供条件及び当社と本サービスの利用者との間に適用される諸条件を定めるものです。本サービスの利用に際しては、本規約の全文をお読みいただいたうえで、本規約に同意いただく必要があります。

第1条(定義)

本規約において、使用される用語の定義は以下の各号のとおりとします。

(1) 「当社」とは、本サービスを提供するMtame株式会社をいいます。

(2) 「利用者」とは、本サービスを利用する者をいいます。

(3) 「本サービス」とは、当社が提供するサービス「Mtame Academy For BowNow」をいいます。

(4) 「本契約」とは、当社と本サービスの利用者との間で締結する本サービスの利用契約をいいます。

(5) 「UIshare」とは、株式会社ユイコモンズが当社に提供するサービスであり、インターネット上で運⽤するUIshare クラウドプラットフォームを⽤いて、動画・⾳声・各種ファイルなどのコンテンツを利⽤者が視聴できる環境を提供するサービスです。

 

第2条(本規約の適⽤)

1. 利用者は、本規約に同意の上、本サービスを申し込むものとします。

2. 本サービスは、UIshareを利用したサービスです。利用者は、本規約の他、下記URL のUIshare契約約款における「UIshare利用者」に自己が該当することを確認し、「UIshare利用者」としての義務を遵守することを確約します。

 

UIshare契約約款

URL:https://www.uicommons.co.jp/uishare_terms_and_conditions.html

 

3. 本規約の内容と、前項のUIshare契約約款の内容に相違がある場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとします。

 

第3条(約款の変更)

  1. 当社は、当社の指定する方法において1カ月以上前に告知することにより、本規約を変更することができます。ただし、変更の内容が誤字や脱字の修正等の軽微な変更、又は利用者の一般の利益に適合する内容の場合、当社は直ちに本規約を変更することができます。
  2. 利用者が本規約の変更に同意できないときは改訂日までに当社に申し出ることにより本サービスの利用を将来に向かって、解除することができるものとします。
  3. 利用者が改訂日までに本規約の変更に同意しない旨の申出をしない場合は、変更に同意したものとみなします。

 

第4条(本サービス内容)

1. 本サービスは、当社がUIshare を利用し、UIshare契約約款におけるUIshare管理者として、利用者に対し、動画・⾳声・各種ファイルなどのコンテンツの視聴、検索及びダウンロード等の機会を提供するサービスです。

2. 本サービスの利用料は、無料とします。

  1. 利⽤者は、本サービスのURL にアクセスし、ユーザーI D とパスワードを⼊⼒してログインし、本サービスを利⽤します。

 

第5条(申込み)

  1. 本サービスの利用を希望する者は、WEBサイト上の本サービスの申込フォームに必要事項を記載の上、送信ボタンを押す方法により、申込みを行うものとします。

2. 当社は、前項の規定にかかわらず、本契約の申込みを承諾しないことがあります。なお、この場合、当社はその理由をお申込者に説明することを要しないものとします。

3. 当社が、お申込者に対して承諾の意思表示を発信したときに、本契約は成立するものとし、お申込者は、本サービスを本規約に従い利用することができるものとします。

 

第6条(アカウント管理義務)

  1. 利⽤者は、自己の責任において、本サービスにアクセスするためのユーザーID 及びパスワードを適切に管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させ、または貸与、譲渡、売買等をしてはならないものとします。
  2. 利⽤者はユーザーID に付属するパスワードに関して、パスワードを定期的に変更する、他⼈が容易に思いつかないような⽂字列をパスワードとする、などパスワードが盗⽤されないよう、⼗分な注意を払うこととします。
  3. 利用者は、アカウントが不正に使⽤されている、あるいは使⽤される可能性がある場合には、直ちに当社に通知又は連絡するとともに、当社の指⽰に従うものとします。
  4. 利⽤者が前3項の義務を怠ったために発⽣したいかなる損害について当社は⼀切責任を負わないものとします。

 

第7条(著作権等の帰属)

本サービスにおける著作権(著作権第27 条(翻訳権、翻案権等)及び第28 条(⼆次的著作物の利⽤に関する原著作者の権利)に規定される権利を含みます。)及びその他の知的財産権は、当社又は当社に権利を許諾している者に帰属するものとし、本契約の締結によって、これらの権利が当社又は当社に権利を許諾している者から利用者へ移転するものではありません。

 

第8条(使⽤許諾)

  1. 当社は、本規約に同意の上、当社と本契約を締結した利用者に対して、本サービス及び本サービスの提供に必要なプログラムの⾮独占的で譲渡不能な使⽤権を許諾するものとします。
  2. 利用者は、本サービス及び本サービスの提供に必要なプログラムを第三者に再使⽤許諾することができないものとします。
  3. 利用者は、本サービス及び本サービスの提供に必要なプログラムを使⽤するために必要な通信回線及びPC 端末等を、⾃⼰の責任と費⽤負担にて用意するものとします。

 

第9条(禁⽌事項)

  1. 利用者は、本サービスの利用にあたり、次の各号のいずれかに該当する行為を行うことができません。

(1) 本サービスのコンテンツの一部又は全部を当社に無断で転載、改変もしくは要約すること

(2) 本サービスのコンテンツの一部又は全部を当社が許諾する方法以外の方法で、ダウンロード、キャプチャー、保存すること

(3) 本サービスのコンテンツの一部又は全部を当社に無断で第三者に貸与又は譲渡すること

(4) 本サービスのアカウントを第三者と共有して使用すること又は第三者に貸与、譲渡すること

(5) 本サービスの他の利用者のID又はパスワードを利用する行為

(6) 当社又は本サービスの他の利用者その他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害すること(かかる侵害を直接又は間接に惹起する行為を含みます。)

(7) 本サービスに関するソフトウェア、テキスト、ソースコード、画像、動画その他コンテンツ、オブジェクトに対し、複製、修正、リバースエンジニアリング、逆アセンブル、翻案すること⼜は第三者にそれらの⾏為を⾏わせること

(8) 本サービスのネットワーク又はシステム等に過度な負荷をかける行為

(9) 当社のネットワーク又はシステム等に不正アクセスし、又は不正なアクセスを試みる行為

(10) ウェブ・クローラー、ボット、その他の方法によって、他の利用者、当社ウェブサイトから情報を収集し、又は収集を試みること

(11) 本サービス又は本サービスのコンテンツを利用して、商品、サービスの広告、宣伝を行い、又は資金調達を行うこと

(12) 法令に違反する行為、犯罪行為に関連する行為又は公序良俗に反する行為

(13) 当社による本サービスの運営を妨害するおそれのある行為

(14) その他、当社が不適切と判断する行為

  1. 当社は、利用者の行為が前項各号のいずれかに該当し、又は該当するおそれがあると当社が判断した場合には、利用者に事前に通知することなく、本サービスの利用を停止又は中断することができるものとします。
  2. 当社は、本条に基づいて利用者に対して講じた措置に基づいて利用者に生じた損害について一切の責任を負わないものとします。

 

第10条(メンテナンスによる⼀時停⽌等)

当社は、本サービス⼜は電気通信設備の保守・改修・点検・メンテナンスのため、利用者に事前に通知の上本サービスの使⽤を制限し、⼜は⼀時停⽌することができるものとします。ただし、緊急を要する場合には、事前の通知なく制限し、⼜は⼀時停⽌することができるものとします。

 

第11条(免責)

  1. 当社は、本サービスについて、明⽰黙⽰を問わず、商品性、利用者の特定の⽬的への適合性と合致することを保証しないものとします。
  2. 当社は、本サービスの機能が利用者の要求と完全に合致すること、並びに本サービスの作動に中断及びエラーがなく完全であることを保証しないものとします。

3. 本サービス上のコンテンツについて、その内容の真実性・正確性を保証しないものとします。本サービス上のコンテンツの情報を使用または非使用、あるいは情報の不正確性または不完全さによって生じた有形または無形の損害に関して、当社は、一切の損害賠償責任を負わないものとします。

  1. 当社が第10条(メンテナンス等による⼀時停⽌)に基づき、本サービスの使⽤許諾を⼀時停⽌し、⼜はトラフィックの制限等の措置を行った場合において、利用者に損害が発⽣したとしても、当社は、利用者に対して⼀切の損害賠償責任を負わないものとします。
  2. 以下の各号が原因で、本サービスが動作せず、⼜は動作が遅くなり、若しくは誤作動したことなどにより、利用者に損害が生じた場合、当社は、免責されるものとします。

(1) 本サービスの誤使⽤

(2) 当社の指定する動作環境外での本サービスの使⽤

(3) インターネットの通信環境の良好でないとき

(4) 本サービスへのアクセスの集中

 

第12条(契約解除及び期限の利益喪失)

  1. 利用者又は当社は、相手方が以下の各号のいずれかに該当したときは、相手方への催告をしないで直ちに本契約の全部又は一部を解除し、又は本サービスの提供を停止することができる。なお、この場合でも違反をした相手方への損害賠償の請求を妨げない。

(1) 監督官庁から営業停止又は営業免許もしくは営業登録の取消し等の処分を受けたとき

(2) 差押、仮差押、仮処分、強制執行、担保権の実行としての競売、租税滞納処分その他これらに準じる手続きが開始されたとき

(3) 破産、民事再生、会社更生又は特別清算の手続開始決定等の申立がなされたとき

(4) 自ら振り出し又は引き受けた手形もしくは小切手が1回でも不渡りになったとき、又は支払停止状態に至ったとき

(5) 合併による消滅、資本の減少、営業の廃止・変更又は解散決議がなされたとき

(6) 災害、労働争議等、本契約の履行を困難にする事項が生じたとき

(7) その他、資産、信用、又は支払能力に重大な変更が生じたとき

(8) 相手方に対する詐術その他の背信的行為があったとき

(9) 第9条(禁止事項)又は第20条(反社会的勢力の排除)に違反したとき

(10) その他前各号に準ずるような本契約を継続し難い重大な事由が発生したとき

  1. 利用者及び当社は相手方が本契約のいずれかに違反し、相当期間を定めた催告によっても相手方がこれを是正しないときは、本契約の全部又は一部を解除し、又は本サービスの提供を停止することができる。なお、この場合でも違反をした相手方への損害賠償の請求を妨げない。
  2. 利用者又は当社が前2項のいずれかに該当したときは、当然に期限の利益を喪失し、相手方に対して負っている一切の債務を直ちに完済するものとする。

 

第13条(サービスの廃⽌)

当社は、1ヶ月以上前に利用者に通知することにより、本サービスの提供の全部⼜は⼀部を廃⽌し、本契約を終了することができるものとします。

 

第14条(本契約の終了)

1. 利用者は、当社所定の方法により、本契約の解約を申し出ることができるものとする。

2. 当社が前項の申出に基づき解約を承諾した場合は、本契約は終了するものとする。

  1. 利⽤者は、本契約の終了後直ちに、本サービス上に保存されたデータへのアクセス及びその利⽤ができなくなることを予め承諾します。
  2. 当社は、本契約の終了後、利用者に通知することなく、前項のデータを削除することができるものとします。

 

第15条(再委託)

  1. 当社は、本契約の履⾏の全部⼜は⼀部を第三者に再委託することができるものとします。
  2. 当社は、本契約における当社の義務と同等の義務を再委託先に対して課すものとし、当社は利用者に対し、再委託先の⾏為について当社の⾏為と同等の責任を負うものとします。

 

第16条(秘密保持)

  1. 利用者及び当社は、本契約に関連して知り得た相⼿⽅の技術上⼜は営業上その他業務上の情報で、次の各号のいずれかに該当するもの(以下「秘密情報」といいます。)を、 相⼿⽅の事前の書⾯による承諾を得ないで第三者に開⽰⼜は漏洩してはならず、本契約の履⾏以外の⽬的に使⽤してはならないものとします。

(1) 相⼿⽅から秘密である旨の表⽰を付された上で開⽰された情報

(2) 相⼿⽅から⼝頭もしくは映像等により開⽰を受け、その2 週間以内に、当該情報の概要、提供⽇及び情報の名称等を記載した⽂書により、相⼿⽅から秘密である旨を特定された情報

(3) 本サービスのソースコード、及びシステム設計書等の技術情報

(4) 本サービス上に保存された情報

  1. 前項の規定にかかわらず、当社は、本サービス上に保存された情報を以下の各号の⽬的に限り利⽤できるものとし、⽬的外に利⽤しないものとします。

(1) 本サービスの提供、維持、改善のため

(2) 問い合わせ、苦情対応のため

(3) システムの維持、不具合対応のため

  1. 第1 項及び第2 項の規定にかかわらず、本サービスの設定にて公開指定されたときは、本サービスに保存された情報は、指定の範囲内で第三者に公開されます。
  2. 第1項及び第2 項の規定にかかわらず、利用者及び当社は、次の各号に該当する場合は、秘密情報を必要最⼩限の範囲内で開⽰することができるものとします。

(1) ⾃⼰⼜は関係会社の役職員若しくは弁護⼠、会計⼠⼜は税理⼠等法律に基づき守秘義務を負う者に対して秘密情報を開⽰することが必要であると合理的に判断される場合

(2) 法令⼜は⾏政機関、裁判所、地⽅公共団体、証券取引所の規則、命令若しくは要請に従い開⽰する場合

(3) 当社が、再委託先に対して秘密保持義務を課した上で、業務を遂⾏するために必要な秘密情報を開⽰する場合

  1. 第1項の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する情報については、秘密情報から除外するものとします。

(1) 開⽰を受けた際、既に⾃⼰が保有していた情報

(2) 開⽰を受けた際、既に公知となっている情報

(3) 開⽰を受けた後、⾃⼰の責めによらずに公知となった情報

(4) 正当な権限を有する第三者から適法に取得した情報

(5) 相⼿⽅から開⽰された情報によることなく独⾃に開発・取得していた情報

  1. 利用者及び当社は、秘密情報の複製物についても秘密情報と同等に取り扱うものとします。
  2. 利用者及び当社は、相⼿⽅から要求されたとき、⼜は本契約が終了したときは、相⼿⽅から受領した秘密情報及びその複製物を廃棄、若しくは相⼿⽅に返却しなければならないものとします。
  3. 利用者は、本契約に関連して当社より開⽰された情報に基づき、特許、商標⼜は実⽤新案等の出願等を行うことはできないものとします。

 

第17条(利用者情報の取扱い)

利用者は、本サービスを利用するにあたって、下記のURLに掲載される当社の「個人情報保護方針」・「個人情報の取扱いについて」及び株式会社ユイコモンズの「個人情報保護方針」・「個人情報に関する公表文」を確認し、当社及び株式会社ユイコモンズがこれに従い利用者情報を取り扱うことについて同意します。

 

Mtame株式会社 「個人情報保護方針」・「個人情報の取扱いについて」

URL: https://mtame.co.jp/privacy.html

 

株式会社ユイコモンズ 「個人情報保護方針」・「個人情報に関する公表文」

URL: https://www.uicommons.co.jp/privacy.html

 

第18条(権利義務の譲渡禁⽌)

利用者は、当社の事前の書⾯による同意なくして、本契約上の地位を第三者に譲渡し、あるいは本契約から生じる権利義務の全部⼜は⼀部を第三者に譲渡もしくは引き受けさせ、⼜は担保に供することはできないものとします。

 

第19条(損害賠償)

  1. 利用者が本契約に違反したことにより当社⼜は当社に権利を許諾している者に損害が発⽣した場合、利用者は、相当因果関係の範囲内で当該損害を賠償するものとします。
  2. 当社は、本契約に関連して利用者が損害を被った場合においても責任を一切負わないものとします。

 

第20条(反社会的勢⼒の排除)

  1. 利用者及び当社は、次の各号を表明し、保証するとともに、将来にわたっても次の各号を遵守することを確約するものとします。

(1) ⾃らが、暴⼒団、暴⼒団員、暴⼒団員と密接な関係を有する者、暴⼒団員でなくなった時から5 年を経過しない者、暴⼒団準構成員、暴⼒団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴⼒集団その他これらに準ずる者(以下これらの者を総称して「反社会的勢⼒」といいます。)ではないこと。

(2) 反社会的勢⼒と次の関係を有していないこと。

ア 反社会的勢⼒の維持、運営に協⼒し、⼜は関与している関係

イ ⾃ら若しくは第三者の不正の利益を図る⽬的、⼜は第三者に損害を与える⽬的をもって反社会的勢⼒を利⽤していると認められる関係

(3) 反社会的勢⼒に⾃⼰の名義を利⽤させ、本契約を締結するものでないこと。

(4) ⾃らの役員(取締役、執⾏役、執⾏役員、監査役、相談役、会⻑その他、名称の如何を問わず、実質的に経営を⽀配する者をいう。)、親会社・⼦会社が前三号のいずれにも該当しないこと。

(5) ⾃ら⼜は第三者を利⽤して本契約に関して次の⾏為をしないこと。

ア 暴⾏、傷害、脅迫、恐喝、威圧等の暴⼒的⾏為⼜は暴⼒的な要求⾏為

イ 法的な責任を超えた不当な要求⾏為

ウ ⾵説を流布し、偽計⼜は威⼒を⽤いて相⼿⽅の業務を妨害し、⼜は信⽤を毀損する⾏為

エ その他前各号に準ずる⾏為

  1. 利用者⼜は当社の⼀⽅が前項に違反したときは、その相⼿⽅は、何らの催告を要せずして、本契約の全部⼜は⼀部を解除することができるものとします。
  2. 前項の規定により本契約が解除された場合、解除された者は、その相⼿⽅に対し、相⼿⽅の被った損害を賠償するものとします。
  3. 第2 項の規定により本契約が解除された場合、解除された者は、解除により生じる損害について、その相⼿⽅に対して⼀切の請求を行わないものとします。

 

第21条(不可抗⼒)

天災地変、政府又は政府機関の行為、地域の封鎖、火災、嵐、洪水、地震、津波、稲妻、台風、疫病、戦争、紛争状態、テロ、反乱、革命、暴動、爆発、海難、ストライキ、工場閉鎖、サボタージュその他労働争議、交通の寸断、通信回線の障害、停電、エネルギー供給又は統制、その他不可抗力による本契約の全部又は一部(金銭債務を除く)の履行遅滞又は履行不能については、いずれの当事者もその責任を負わないものとします。ただし、当該事由により影響を受けた当事者は、当該事由の発生を速やかに相手方に通知するとともに、回復するための合理的な努力をするものとします。

 

第22条(残存条項)

本契約の終了後も、第7条(著作権等の帰属)、第9条(禁⽌事項)、第10条(免責)、第14条(本契約の終了)、第16条(秘密保持)、第17条(利用者情報の取扱い)、第18条(権利義務の譲渡禁止)、第19条(損害賠償)、本条、第23条(準拠法及び管轄合意)乃至第27条(完全合意)の条項は、引き続きその効⼒を有するものとします。

 

第23条(準拠法及び管轄合意)

  1. 本契約の準拠法は⽇本法とし、本契約は⽇本法によって解釈されるものとします。
  2. 利用者及び当社は、本契約に関して生じた⼀切の紛争について、東京地⽅裁判所⼜は東京簡易裁判所をもって、第⼀審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。

 

第24条(協議事項)

本契約に定めのない事項その他本契約に関して生じた疑義については、双⽅誠意をもって協議し決定します。

 

第25条(権利の⾮放棄)

いずれかの当事者が本契約の条項のいずれか、⼜はこれに関する権利のいずれかの実⾏を行わず、⼜は本契約上の選択権の⾏使を行わない場合であっても、かかる条項・権利・選択権を放棄したものとみなされることはなく、また、いかなる意味でも本契約の有効性に影響を与えないものとします。また、いずれかの当事者がかかる条項、権利、⼜は選択権の行使を怠った場合であっても、後に同⼀⼜は他の条項、権利⼜は本契約上の選択権を実施し⼜は行使することを妨げないものとします。

 

第26条(可分性)

本契約の条項のいずれかが、管轄権を有する裁判所によって違法⼜は無効と判断された場合であっても、本契約の残りの条項はなお有効であるものとします。

 

第27条(完全合意)

本契約は、本サービスを使⽤する権利の許諾に関して、当事者間の完全かつ唯⼀の合意を構成しており、当事者間に存している従前の書⾯・⼝頭による⼀切の合意は効⼒を失うものとします

 

 

2020年6月1日 施行

Mtame株式会社

Powered by